クレジットカード 延滞 止められる

クレジットカードを延滞したら止められる?|3か月連続になると×

クレジットカードの支払い日にお金がなくて延滞してしまった…。

 

毎月ローンで支払っている支払いがだんだん厳しくなってきて、とうとう預金残高不足に。そんなとき、クレジットカードは使えなくなってしまうのか心配ですよね?

 

確かに、クレジットカードを延滞したら一時的にカードの利用が制限されて使えなくなります。そして、延滞した分の入金の確認ができれば、入金確認できた翌日からカードを使えるようになるのが一般的です。

 

 

残高不足で引き落としができなかったら?

例えば、10日の引き落とし日に残高不足で支払い出来なかった場合、カード会社で未払いが判った日からカードは使用停止されます。その後、支払いの催促状が通知や振込用紙で届き、それをもとに支払いすればカードは数日のうちに使えるようになります。

 

だからと言って「ちょっとの間使えなくても困らないから延滞しよう」と安易にクレジットカードの支払いを延滞するのは厳禁です!

 

「ちょっと遅れただけ」に見えるかもしれませんが、支払いが延滞するとあなたの信用に傷がついてしまっているんですよ。

 

延滞しないに越したことはないのですが、延滞が3回よりも2回のほうが少ないから大丈夫、という単純な基準ではありません。

 

「信用情報に延滞の履歴が記載されているかどうか」が一番重要です。

 

この「信用情報」についてはこちらのページも参考にしてください。
>>ブラックリストに載る基準とは?|度重なる延滞や破産は要注意

 

 

1日遅れても2か月遅れても信用情報に傷がつく

うっかり口座の残高不足で引き落とされなくても、故意にお金がなくて支払い不能でも、「口座から引き落としが出来なかった」という事実は変わらないので延滞になります。1日遅れても2か月遅れても信用情報に傷はつきます。

 

また、遅れながらでも払うからと言って毎月延滞を繰り返していると事態は変わってきます。

 

特に3か月連続で引き落としが正常に出来なかった場合は金融事故として扱われます。そして、支払期日から61日経過するとブラックリスト入りです。

 

正確に言えばブラックリストというのはないのですが、新規でカードを申し込みたい場合に断られたり、現在使っているカードも利用停止になる可能性があります。

 

 

信用情報にブラック入りするとどうなる?

クレジットカードの支払い日を軽く考えていると、後々カードの利用で苦しむことにもなりかねません。

 

全てのカードが利用停止なのに支払いだけが延々と続く・・・。そんな事態にならないように、クレジットカードの支払日前には必ず口座残高を確認しておきましょう。

 

支払日も、きちんと引き落としされているか確認しておくのをおすすめします。レアなケースではありますが、システムの問題で引き落としされないケースもあります。

 

例えば銀行システムの問題であっても、遅れたら延滞としてカウントされます。引き落としされているかどうかもしっかり確認してくださいね。